ホームページの長文は小規模なまとまりに

集客の高いホームページを作るためには、文字ばかりのホームページにしないことも大切なことだと思っています。活字を読むのが好きな人でも、ホームページやブログといったように、パソコンの画面上ですと文字を読むのに疲れてしまうという人もいるでしょう(実際に私の周りの読書好きのなかには、そういった意見を言う人が多いので)。

また活字を読むことが好きな人とは反対に、文字を読むのが大嫌いですとか、長い文章を読むのが苦手だという人もいるわけです。いや、現代においては多い方だと言えるでしょうか。ですから、文字情報だけのホームページですと、活字を読むことに苦手意識がある人はとくに、読む気持ちすら起きないでしょう。

ですからこそ、ホームページ上では「文字情報はそこそこにセーブすること」も心がける要素のひとつだと思うのです。ただ、必要な文字情報を省くことはないでしょう。段落で分けて小見出しをつけ、見やすい小規模なひとまとまりを作ることで、すべてを読みやすく掲載することもできますからね。長い文章を載せたい場合は、それなりに工夫をすることで、集客の高いホームページを実現することは十分に可能でしょう。